子供の歯列矯正をする最適な時期はいつ?一期治療は必要なのか!?

子供の歯並びが気になるから、今のうちに歯列矯正させたい。」と考えている人は多いのではないでしょうか?

歯並びが悪いと歯磨きがしにくくなり、虫歯にもなりやすくなってしまいます。

見た目はもちろんのこと健康面にも悪影響を及ぼしてしまうので、子供の頃から歯列矯正を始めることはとても大切です。

img_4022

子供に矯正治療をさせるときに気になるのが子供の矯正治療はいつから始めればいいのかだと思います。

乳歯が抜けて永久歯に生え変わる時や、永久歯が生えそろったときにも治療をすることができますが、それぞれの時期で矯正治療をする目的が変わってきます。

そこで今回は、”子供の歯列矯正をする最適な時期”についてまとめてみました。

 

子供の矯正治療はいつから始めればいいの?

da289c68091a0ec9718c3b683aeec653_s

子供の矯正治療は、永久歯が生え始め、すべて生えそろう前に始めるのが最適な時期です。

骨の成長段階で同時に歯の矯正を始めることによって効率的に治療を始めることができます。

子供の矯正治療は「一期治療」と「二期治療」があり、一期治療を行うことで、二期治療の矯正期間が短くて済んだり、必要がなくなったりすることもあります。

 

一期治療とは?

fa39b8ebd5a1a4707855965c3bfaad1c_s

乳歯から永久歯に生え変わる6歳~10歳の間の時期に行い、本格的な矯正治療は行わず、矯正治療の準備期間中に床装置T4Kトレーナーを使用して治療していきます。

一期治療を行うことで、顎の大きさを広げて歯の並ぶスペースを作ったり、歯が正しい向きや位置で生えてくるように歯列を誘導したり、歯並びを悪くする舌癖や口呼吸を改善しておくことができます。

一期治療で顎のバランスや骨格の矯正をすることで、永久歯が生えそろった時に理想的な歯並びになるように土台を作ることができます。

一期治療をした後に二期治療を行う場合もありますが、一期治療を行うことで永久歯を抜歯せずに治療が進めれたり、大人になった後に後戻りしにくくなったりします。

一期治療が完了して永久歯が生えそろった段階で、歯並びや噛み合わせに問題がなければ一期治療のみで治療が完了することもあります。

一期治療の費用は、約20万円~約60万円と言われています。

 

二期治療とは?

facd94b73489a394ef49a8cd11eeba5c_s

中学生くらいになると永久歯がすべて生え揃うので歯に矯正装置をつけて本格的な矯正治療を始めることができます。

この時期になってくると顎の成長も終わっているので大人と同じような治療をしていきます。

一期治療をしておくことで、本格的な矯正治療をスムーズに進めることができ、顎を広げてスペースを確保しておくことで、抜歯をせずに矯正治療を行うことができたり、舌癖や口呼吸など歯並びが悪化する癖を治しておくことで、習慣や癖が原因で歯並びが悪くなることがなくなります。

一期治療が必要ないと判断されたら、二期治療のみを行う場合もあります。

一期治療をしていて、そのあとに二期治療を始めるのであれば、二期治療から矯正治療を始める人よりも安く設定されていることが多いようです。

二期治療の費用は、約25万円~約65万円と言われています。(一期治療後に二期治療を行った場合)二期治療から矯正治療を始める場合は、70万円~100万円と言われています。

 

私の歯列矯正失敗談!からわかる一期治療の重要性

img_9928

私は高校3年生の時に4本抜歯して治療しましたが、前歯が大きいのに対して顎が小さすぎたので、抜歯をしても歯を綺麗に並べることができませんでした。

矯正治療を始めた頃はもう顎の成長もほぼ終わっており、顎の拡大をすることができず、抜歯をしてスペースを確保することしかできなかったのですが、顎が小さく歯並びのアーチが狭いために八重歯は治っても、出っ歯になってしまいました。

私自身、子供の頃に顎を広げる治療をしていたら1度の矯正治療で歯並びが綺麗になっていたかもしれないし、再矯正をする必要はなかったかもしれません。

大人になった今では顎の大きさを変えることができないので、どうしようもないですが、顎の成長段階のいる子供だったら顎の大きさの治療をすることができます。

顎が小さすぎて歯が入りきらないような場合は、顎を広げる治療ができるうちにしておいた方がいいと思います。

顎を拡大した治療をしても、抜歯が必要になることもあるかもしれませんが、顎が小さいままで抜歯をするのと、顎を拡大してから抜歯をするのでは確保できるスペースが大きく違ってくるので仕上がりの歯並びの状態も全然変わってくると思います。

 

まとめ

img_3156

子供の歯列矯正はお子さん本人の協力はもちろんですが親のサポートもとっても大切になってきます。

永久歯が生え始めて子供の歯並びが気になりだしたら歯科医に診てもらい、一期治療が必要と診断されれば一期治療から治療を始めると良いでしょう。

そこで一期治療の必要がないと判断されれば、永久歯が生えそろった後に二期治療を行いましょう。

顎は少しずつ成長していくので、一期治療ができる年齢を超えていても、永久歯が生えそろった段階で早めに本格的な矯正治療をすると歯並びが綺麗になりやすいです。