歯列矯正後の後戻りが不安なら今のうちに口呼吸を治すべき!

IMG_2059

私は今、歯列矯正をしていて”不安”に思っていることが2つあります。

それは、以下の2つです👇

  1. 歯列矯正して満足のいく歯並びになるの
  2. 歯列矯正後にすぐ後戻りしないか

私は、5年程前に始めた1度目の歯列矯正で失敗した経験があるので、『歯列矯正をしても満足のいく歯並びにならないことがある』ということや『歯列矯正後の後戻りの怖さ』を知っています。

高額な治療費と長い治療期間をかけて歯列矯正をしたからって、誰しもが満足のいく歯並びになるわけではないし、いつまでも綺麗な歯並びを保つことができるとは限らないのです。

だからこそ、歯列矯正をしていて不安だなぁ…と感じるのですが、

まず1番に不安なことは、

歯列矯正が終わった後の歯並びがどのような結果になるのか?』

ということです。

私は1度目のワイヤー矯正のときに、歯科医師が「治療後はこんな歯並びになるよ~!」と私に似た症例の写真を見せてもらったのですが、いざ治療が終わってみるとそのような歯並びには全くなりませんでした。

私が思う”ワイヤー矯正”の怖いところは、歯列矯正後の歯並びが見れないことです。

インビザラインは『クリンチェック』という3Dシミュレーションソフトで矯正治療後の歯並びを見ることができるけど、あくまでも”コンピューター上のデータ”です。

治療をしている段階で治療後の歯並びが見れるインビザラインは、ワイヤー矯正よりかは正確だとは思うのですが、やはり実際に治療が終わってみないとどうなるのかは分かりません。

私の不安はそれだけでなく、

もし、満足のいく歯並びになっても、その状態をずっとキープできるのだろうか?

と歯列矯正後の後戻りについても考えることがあります。

矯正装置を外した直後の歯並びがいくら綺麗でも、数年経てばまた歯並びが悪くなってしまうのではないか、、、と不安になってしまうのです。

これも矯正治療が終わってからじゃないと実際には分からないことなのですが、『後戻り』に関しては自分の努力次第で変わると思うんです。

 

歯列矯正後の後戻りは”口腔内の癖”が関係している

7f04b1296e921f9ca59d72f6d9fc96b4_s

『歯列矯正後の後戻りを防ぐために保定期間の間にきちんとリテーナーをすることが大切!』

ということはごく当たり前のことですが、私は歯列矯正後の後戻りを防ぐために今のうちから改善しないといけないことがあることに気づきました!!

それは、ズバリ!”口腔内の悪い癖”です。

なぜかというと、いくら歯列矯正で歯並びを綺麗にしても、”口呼吸”や”舌癖”などによって自然と歯並びを悪くしてしまう可能性があるからです。

私の担当の矯正歯科医が言うには、

「歯並びを綺麗にしてリテーナをすれば位置を保定することができるけど、”口腔内の癖”などがあればそれが原因になって歯並びが悪くなることがある」

らしいんです。

私を担当している矯正歯科医は歯列矯正を20代の頃に歯列矯正をしていたそうです。

元々は”下顎が少しでてる八重歯”だったそうなのですが、今はすごく綺麗な歯並びです。

『全然後戻りしてないじゃん!』

と思っていたのですが、先生が言うには寝ている間にしている”歯ぎしり”のせいで下顎の前歯が1本ずれてきてるそうなんです。

よーく見ると確かにそうでした。

私はその先生を見て、やっぱり”口腔内の癖”は歯並びを悪くする要因になるんだなぁ…とそのとき強く感じました。

 

歯列矯正中は”口呼吸”になりやすい

5dd052a7ed7031e03cad7bace68186ae_s

私が歯列矯正をしていて思うのが、

『歯列矯正中って口呼吸になりやすいんじゃないかな?』

ということ。

なぜなら、歯列矯正中だと矯正装置によって口を自然に閉めることができないことがあるし、歯列矯正をしている人は歯並びに問題があるということだから私のように前歯が前方にでている歯並び(出っ歯)の可能が高いからです。

私もそうですが、矯正装置や歯並びが邪魔になってしまうと口を閉めずらいので、気がついたら口がポカンと開いてしまいます。

その結果は、知らず知らずのうちに口呼吸をしてしまい、それが癖になってしまうので、気づかないうちに自然と『口呼吸』になってしまうのです。

 

歯列矯正後の後戻りが不安なら今のうちに口呼吸を治すべき!

bba12ea4d0c8ce6156929e6400c87de0_s

この前、私を担当してる矯正歯科医が「子供よりも大人になってからの歯列矯正の方がリテーナーは長めにした方がいい!」と言っていました。

なぜかと言うと、大人になるまで元々の歯並びで”噛む癖”や”舌の位置の癖”がついているから!

大人になってまでもずっとしていた口腔内の癖があると、リテーナを長めにしないと口腔内の癖のせいで歯並びがずれてくることがあるらしいです。

これを聞くまでは『リテーナをしとけば後戻りはしない!』と思っていたのですが、また別の理由で歯並びが悪くなることがあるとは驚きです。

そこで私は、歯列矯正後の後戻りを防ぐためにも、歯列矯正中をしているうちに口腔内の癖を治すべき!!!だと強く思っています。

「歯列矯正が終わってからでも大丈夫かな?」とも思っていたのですが、気づかないうちにしている癖の”口呼吸”を治すのはそう簡単なことではないことなのかもしれないのです。

 

さいごに

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-yuka160322000i9a4287

歯列矯正したのに歯並びが悪くなるのは絶対に嫌ですよね…。

歯列矯正後の後戻りを防ぐにも口呼吸を改善し、鼻呼吸を意識づけるようにしましょう!

私も常に鼻呼吸をするように意識すれば、口呼吸を治すことができました!

私が口呼吸を治した方法は以下の記事にまとめています👇

歯列矯正後の後戻りが不安な私が、口呼吸を見事に治した方法!☆

2017.06.27

良かったら参考にしてみてくださいね!☆