インビザライン治療中の食事面でのメリット・デメリットとは?

私は、もうすぐインビザラインで矯正治療を始めるわけですが、一般的な矯正治療とは違い、歯に矯正器具を装着する必要がありません。

インビザラインとは薄くて透明なマウスピースをはめ、徐々に歯を動かして綺麗な歯並びに治していく治療法です。

dsc00332

矯正器具を歯に装着する一般的なワイヤー矯正と比べ、インビザラインのようなマウスピース矯正ではアライナーの取り外しができるため、この2つの治療法で大きく違ってくるのが食事面です。

ここでは、ワイヤー矯正と比べながらインビザライン矯正治療中の食事面のメリットデメリットをまとめてみました。

 

インビザライン治療の食事面でのメリット

 

何でも好きなものを食べれる

img_2588

食事をするときはアライナーを外すので、何でも食べれます。

ワイヤー矯正では、ゴムを黄色くするような着色性の強いカレーや、矯正器具についてしまうガムやおもちなどは食べていけませんが、インビザライン治療では食事をする際は外すので普段通りに食べたいものが食べれます。

 

いつでも口の中が清潔になる

IMG_9910

食事をした後にアライナーを装着する際は、必ず歯磨きをしないといけないのでいつも清潔な口内環境を保つことができます。

 

歯磨きがしやすい

36f73ee25c31fe0b35df9e6b36f77e94_s

ワイヤー矯正だと歯に矯正器具を装着しているので歯磨きがとてもしにくくなります。

矯正器具に食べカスや歯垢が詰まることが多いので、より丁寧に歯磨きをする必要がありますが、インビザラインだとアライナーの取り外しが可能なので、普段通りの歯磨きができます。

 

虫歯や歯周病になりにくい

ab491ce313b4381bf79854abe3bf4327_s

マウスピース矯正で食後の歯磨きの習慣がつき、また、歯に矯正器具がついていないので普段通りに歯磨きをすることができ、虫歯や歯周病になりにくくなります。

ワイヤー矯正だと歯磨きがしにくいので、矯正器具に食べ物が詰まり、それを放置しておくと虫歯になってしまうこともあります。

 

インビザライン治療の食事面でのデメリット

 

食事の度にアライナーをはずすのが手間

img_4274

インビザライン治療では、食事中はアライナーをはずさないといけません。

例えば、友達や彼氏と外食に出かけた際は、お店についてメニューを見て、注文を終えたらそそくさとトイレに行きアライナーをはずさないといけません。食事を終えると、歯磨きをしてからアライナーを装着する必要があります。慣れるまでは結構面倒だと思います。

 

飲み会に行けない

img_3463

食事のみでささっとアライナーをつけることができる場合はいいですが、長時間飲んだり食べたりするのが”飲み会”!!

2時間程度で収まればいいですが、二次会となると長時間外さないと行けません。

長時間の飲み会が多くなると、その分アライナーをはめる時間がズレてしまい、治療が計画通りに進まなくなってしまうので、あまり飲み会に行くことができません。

 

間食ができない

img_0202

食事をするたびにアライナーをはずしたりするのが面倒で、間食を減らすことができればダイエットになるかもしれません。それで痩せることができれば大きなメリットになりますがこのような場合はどうでしょう。

遊園地や映画やドライブなど遊びに出かけた時に、ちょくちょく食べたりすることができないので、みんなが食べてても、自分だけ食べれなかったり、食べる時はいちいちアライナーをはずしに行かないといけなくなるのでかなり面倒に感じてしまうと思います。

日々の日常で間食が抑えられることはいいことですが、せっかくの遊びや旅行の時に、自分のせいで相手も食べなかったりすることがあったら申し訳ないなと感じそうです。

遊びに行った際に、美味しいものを食べることも一つの楽しみですよね。それができなくなるのは大きなデメリットのような気がします。

 

まとめ

img_3047

インビザラインのメリットデメリットをあげましたが、デメリットなことも一歩間違えればメリットになりうるようなことばかりです。

飲みに行けなかったり、間食ができなかったりすると、その分お金が貯まったり、ダイエットにもなるかもしれませんよね。

本気で歯並びを治したいならデメリットなこともメリットに感じれるような前向きな気持ちを持って矯正治療に励むことが大切だと感じます。