【私の体験談】歯列矯正を失敗した歯科医師の対応について思ったこと。歯科医院選びは慎重に行う必要性について。

dsc00702

可愛くないくらいの八重歯がずっとコンプレックスだった私は、4年前の18歳の時に歯列矯正を始めました。

歯に矯正装置を装着して、スペースがないから抜歯をし、そのスペース分歯を後ろに下げ、動きが悪いからゴムかけをして、ちょうど2年の矯正生活を送りました。

そして矯正装置を外した日、出っ歯になりました。歯列は整ってるけど噛み合わせが深すぎるんです。

そのことを歯科医師に伝えると「あなたの前歯は現代人には少ない昭和の歯みたいで分厚いから厳しいね。」矯正装置を外した後に言ってくる歯科医師。

前歯で何も噛めないくらい噛み合わせが深いのに私が言うまで、これで治療が完了!!という対応をする歯科医師。理解が出来なかった。

この出来栄えで歯科医師は何とも思わなかったのであろうか?患者の私からすれば”大失敗ですか?”て思ったほど「前歯が大きすぎる。」「前歯が分厚い。」なんてことを後になって言われても、、、


そもそも治療計画の段階でちゃんとした判断をしてれば、前歯で何も噛めないくらいの噛み合わせの深さにならないように治療を進めることができたはず。前歯が分厚いなら削れる範囲で歯を削って治療を行うべきだと思います。

その歯科医師は、歯を削るのは良くないと言っていたが、別の歯医者の院長や矯正専門医は、エナメル質の範囲で少し削る分は問題がないとのこと。

抜歯をして歯列を並べるだけで噛み合わせに問題がでないのか。ディスキングはする必要はないのか。

このような適切な判断ができずに、”とりあえず歯を動かしてみた感”があった。治療計画の段階でどのような歯並びになるか予測できなかったのです。

だから後になって”歯が分厚いから仕方ない”ような言い方で説得したのです。

挙句の果てには、「前よりは綺麗になったやん。」ですwww私の歯並びに対しての励ましなんてはっきりいっていりません。

こんな歯並びに仕上がっていて私自身が出っ歯だなと感じているのに、その歯科医師の目線からは「そんな気にならない。」などの意見は求めてないし、全くいらないです。

そんなことを言われてもこれ以上面倒な治療をしたくないから言っているんだなとしか思いません。どう考えても噛み合わせがあっていないのはわかりきっている話なのです。

私は1度目の矯正治療で出っ歯にされて、「上の歯並びをもっと後ろに下げたい」と言いましたが、それはできんやろwwって笑われました。

その頃の私は、なにも知識がなかったので歯科医師が言うのが正しいのかな?と思っていた部分もありました。

ですが、ネットで検索して、私と同じ症例の治療後の写真をみたら噛み合わせの問題も無く綺麗になっているんです。

私に「歯茎の位置は決まっている。」といった歯科医師に、ネットで見つけた歯茎の位置が治療で治っている写真を見せると、写真の撮り方で見え方が違うとよ。」と言ってきました。

話が伝わらない歯科医師もいるんだなと感じました。治療をしない方しない方に持っていくばかりで、私の要望に対して、その歯科医は根本的にできない。ような言い方しかしないのです。

今思うとそれはその歯科医師に知識や技術、豊富な治療経験がないから対応ができなかったんだなと強く思います。

今、他の歯医者で違う歯科医師に診てもらっているので尚更そう感じています。

その歯科医師が「これ以上前歯を引っ込めることは無理やろww」と言っていたのに、今通っている、矯正専門医は、奥歯を少し後ろにさげて治療する計画を立ててくれています。

矯正治療に関して知識や経験が少ない歯科医師に矯正治療の質問や要望を言っても解決したことがないので、初診の段階でその歯科医師に技術力はあるのか?知識はあるのか?矯正治療の経験が豊富なのか?見極める必要があります。

私のように1度目の歯列矯正で失敗してしまう人は結構いるようです。失敗してしまうってことはお金をどぶに捨てるようなものなのです。

長い治療期間に耐えて、高い矯正費用も支払ったのに失敗するなんて許せない話ですが、歯科医師であれば”矯正歯科”という看板を掲げることができ、矯正治療を行えます。

そのため、経験の浅い歯科医師が治療を行うと失敗してしまうことも良くある話です。

ちなみに私の友達も同じ歯医者で歯列矯正をしたそうですが、元に戻ったそうです。

私のように失敗をしなくても済むように、歯科医院選びは慎重に行いましょう。