EYECARE

何をやっても二重にならない人の特徴まとめ!私が本物二重をゲットした方法とは?

もうアイプチを5年以上続けているのに二重にならない…

一生アイプチを続けると思うとゾッとする

このような悩みを抱えていませんか?

アイプチをし続けてたら二重になった!という友達もいるのに何で自分だけ…と悲観的になってしまうのも無理はありません。

だって、アイプチをする手間と時間を考えると本当にやめたくなりますからね。

でも、やめたら一生一重のまま。だからやめれない。でも二重にならないからエンドレスに続いてしまう。もういい加減やめたいのに…

私も25歳くらいまでアイプチをしていたので、その気持ちがすごくよくわかります。

10代や20代そこそこの時はアイプチしてても「いつか二重になるっしょ!」と思っていたのですが、そう簡単ではないんですよね。

emi
emi
そこで今回は、何をやっても二重にならない人の特徴をまとめてみました!当てはまる人は要注意ですよ。

理想としている二重の幅を欲張りすぎている

アイプチをするときに理想としている二重幅を欲張りすぎていませんか?

ひとそれぞれ目の横幅のサイズは違うので、目の横幅に対して二重幅を広めにとってしまうと二重のラインは定着しにくいです。

私も以前、アイプチをするときに二重幅を欲張り過ぎていたことがありましたが、まったく二重のラインはつきませんでした。

逆に広すぎると不自然に見えてしまうこともあるので、二重の幅が広ければ可愛いというわけでもありません。

emi
emi
「このラインなら定着しやすい!」という二重幅を見つけてクセづけをすると二重も定着しやすいです。

粘着力が低いアイプチを使っている

一般的に市販されているアイプチは学生さんでも手軽に買えるほど安くで販売されています。

アイプチの王道「アイトーク」も通常価格は1,000円ほどしますが、ドン・キホーテやAmazonでは600円前後で販売されているようです。

私もずっとアイトークを使っていたのですが、粘着力が低いので夕方になるとアイプチが取れてしまうことがよくありました。

朝のメイクではしっかりと二重を作っているのに夕方になるとアイプチがよれているのです。

時間が経つにつれてアイプチが取れやすくなってしまうのは、起きている間にしている瞬きが関係しています。

女性は1分間に約20回ほど瞬きをすると言われています。

まばたきをするたびに徐々にアイプチの粘着力が弱まり、長時間アイプチをしているととれやすくなるのです。

本物の二重の線を定着させたいのであれば、できるだけ長い時間二重をキープしなければなりません。

粘着力の弱いアイプチを使っていると二重を作っても保つことができないので、なかなか二重のラインが定着しないのです。

emi
emi
できるだけ粘着力の高いアイプチを使うと、二重のラインも定着しやすくなります。

起きている間しか二重のクセ付けをしていない

日中アイプチをして寝ている間はまぶたを休めよう…

以前の私はずっとこう思っていたので、寝ている間は何もせずにそのまま寝ていました。

ですが、起きている間よりも寝ている間に二重のクセ付けをする方が二重の線はつきやすいんです。

その理由は、寝ている間は瞬きを一切しないので、同じ二重のラインで二重の線がキープできるから。

ただ、寝ている間に使うアイプチは普通の「ふたえまぶた化粧品」はあまりおすすめできません。

粘着力は低くてまぶたを保護する美容液成分が配合していないからです。

それに、寝ている間に使っていいという記載もないのでそもそも寝ている間に使っていいのかも不明…

ほとんど粘着成分しか配合されていないアイプチを使っていたら翌朝まぶたが腫れた経験もあるので、個人的におすすめはできません。

あわせて読みたい
アイトークで夜寝ている間にクセ付けしようとした結果…翌朝ガッツリ一重になった二重アイテムの王道!といっても過言ではないふたえまぶた用化粧品(通称:アイプチ)といえば、『コージ―アイトーク』。 アイプ...

本気で二重をゲットしたいのであれば、寝ている間も二重の線をつける努力をしましょう。

最近では夜用に使うアイプチ「寝ている間に二重のクセ付け美容液」が販売されています。

一般的なアイプチと比べると少し値段はあがりますが、まぶたを腫れにくくする成分やまぶたを保護する成分もたっぷりと配合されています。

一般的なアイプチは「ふたえまぶた用化粧品」と表記されるのに対して、夜用アイプチは「二重まぶた用美容液」と表記されています。

実際に使ってみるとわかりますが、粘着ノリという感じのアイプチに比べて夜用アイプチは美容液感が強いです。

起きている間はもちろんですが、寝ている間も「二重まぶた用美容液」で二重を作って寝るとより二重も定着しやすいです。

何をやっても二重にならなかった私がたった1ヶ月で二重をゲットした方法!

私は今までさまざまな種類の二重アイテムを試してきました。

アイプチ、アイテープ(両面、片面タイプ)、メザイク、絆創膏、二重矯正メガネなどなど。

寝ている間の方が二重になりやすいと聞くと、アイプチやアイテープで二重を作って寝たり、とりあえず色々と試してみました。

二重アイテムを愛用し続けてかれこれ5年以上が経ちましたが、まったく二重になる気配はありませんでした。

二重アイテムにもういくらかけたのだろう…というくらいです。

湘南美容外科』に行って埋没法でもしようかなあ…と考えたくらいです。最近では数万円でプチ整形も流行っているので…

そんな私がたった1ヶ月あることをしただけで、二重のラインを定着することに成功しました。

寝ている間に二重のクセ付けができる「ふたえまぶた用美容液」。

ただ、寝ている間だけでなくメイクをするときに使うアイプチもアイトークをやめてナイトアイボーテに変えました。

二重のラインを定着させたいのであれば、長時間二重のラインを作ってクセづけするようにしましょう。

▼ナイトアイボーテ公式HP▼
https://sttd.jp

私が思うナイトアイボーテで二重が定着した2つの理由

私が考えるナイトアイボーテで二重が定着した理由は2つあります。

一つ目は、ナイトアイボーテの粘着力強さです。ナイトアイボーテは普通のアイプチと比べても粘着力かなり高いです。

粘着力が高すぎて「落とす時に落ちにくい…」という口コミをしている人も多数いるほど。

普通のアイプチはまぶたを擦ると簡単に落とせるのですが、ナイトアイボーテは擦っても引っ張っても簡単に落とすことができません。

落とす時は簡単に落としたいのでその点はデメリットなのです、逆を言うと粘着力が強くて取れにくいんです。

だから長時間二重をキープしてくれて、より二重のラインが定着しやすいんですよね。

アイトークで二重を作っても翌朝までキープしたことはありませんが、ナイトアイボーテは翌朝までキープできます。

二つ目は、まぶたに優しくて低刺激なところです。二重の線を定着させるためにはまぶたの状態もかなり重要!

同じ一重でも二重になりやすい人となりにくい人がいますが、まぶたの薄さや固さも大きく関係してくるのです。

また、まぶたは身体の部位の中でも一番薄い皮膚だと言われています。

デリケートなまぶたはアイプチを続けることで分厚くなって固くなってしまう可能性も…

湘南美容外科』の公式サイトに書いていましたが、アイプチのしすぎでまぶたがかぶれたり伸びてしまいアイプチをすることができなくなり、プチ整形に踏み切る人も多いようです。

値段が安いアイプチは確かに魅力的ですが、ほとんど粘着成分しか配合されていないアイプチを長期的に使うのはおすすめできません。

まぶたは一度伸びると元には戻らないので、安いから使っているアイプチを見直すことも必要です。

ナイトアイボーテは美容液成分がたっぷり配合されているので、まぶたをいたわりながら二重のクセ付けをすることができます。

詳細ページ公式ページ

emi
emi
ナイトアイボーテについて詳しく知りたい方は実践レポートをご覧ください♡