【画像あり】インビザライン矯正治療の精密検査に行ってきました。

今日は、インビザライン治療の資料採集に行ってきました。インビザライン治療の初診後、精密検査の資料取りを行います。

そこで今回は、インビザラインの精密検査の流れをまとめてみました。

IMG_1486

会社の昼休みに歯医者にダッシュで向かった私。歯医者についたら、親子で歯列矯正をしている人がいました。

ダブルですると余計お金かかるだろうに、、ってどうでもいいこと考えていると、名前を呼ばれ、個室に向かう。

そこで、歯科衛生士さんが今日する資料取りの流れを説明してくれました。

  1. 横顔と正面のレントゲンを2枚撮影
  2. 歯型の模型を作成するために上下の歯型取り
  3. 顔と口腔内の写真撮影

 

この手順で精密検査で資料を取ります。説明が終わったらさっそくレントゲン室に向かい、精密検査のスタートです。

 

レントゲン撮影

cf484ed98c472f506129582b28bc45ab_s

 

セファログラム撮影

phonto

まずは、セファログラム(頭部X線規格写真)で横顔のレントゲンを撮ります。

セファログラムとは矯正治療で最も重要な機器でこの機械でレントゲンを撮ることで、横顔の骨格的な問題や、歯の位置をみることができます。

セファログラムの撮影方法は、機械を自分の身長に合うように高さを調節し、耳栓みたいなのがついているのでそれが自分の耳にすっぽりと入るように、機械を動かして片耳ずつしっかりと合わせ、額の位置も抑えて固定し、顎を引いてしっかり奥歯で噛み合わせて口を閉じた状態でレントゲンの撮影をします。

 

パノラマ撮影

phonto-1

次は、パノラマ撮影。こんな感じです。顎全体を撮影することで歯や骨や顎関節、また親知らずがあるかなどもみることができます。

パノラマの撮影方法は、レントゲンの機械の顎をのせる位置に顎を置き手前に曲がるストローのように口で加えるものが前に置いてあるのでそれの少しくぼんだ部分を前歯でしっかり噛みこんで撮影します。

私はかなりの出っ歯なので下顎を前にだしてから前歯で噛んだので少しきつかったです。

歯科衛生士さんが退室し、機械のボタンを押しすと、いきなり「グウィーーーーーン」っと大きな音がして前後に動いて撮影していました。

 

これがセファログラムで撮影したレントゲン

phonto

※口元だけアップにしています。

 

撮った後、自分のレントゲンを見てびっくり!!ww思わず前歯を指して、歯科衛生士の方に「これなんですか?」って聞きました。

こんなに前歯でてるんだ!!ってこの時ホントに実感しました。笑

散々鏡で自分の歯を見て出っ歯だとは思っていたけれど、私ここまでひどい出っ歯だったんだ。って改めて実感(;’∀’)

やっぱり前歯だけがすごく飛び出てる。

そりゃ口も閉まらないわけだ。。。

あとやっぱり、前歯が下唇にかかってる(*´з`)

口を閉じると下唇が分厚くなって嫌なんです。

ガミースマイルぎみなんですよね、、

初診で先生にも言われましたが、、、

これをみてますます矯正したくなりました(;’∀’)

 

歯型取り

IMG_2624

矯正治療用の歯型の模型を作成するため歯型を取ります。

この歯型の模型を作ることで、自分の歯並びや噛み合わせがどのようになっているかを見ることができます。

歯型の取り方は、自分の口のサイズにあった金属にピンク色の冷たいのを塗り、むにゅ~~と押しつけ歯にくっつけて固め、歯型を取ります。

その時に上下とも唇がつかないように、めちゃくちゃひっぱられてかなり痛かったです。

 

顔貌の写真と口腔内の写真を撮影

f2f6d8b3d29b7dc6e85c597b9e68ca8c_s

まずは、口の中の写真撮影。

少し椅子を斜め後ろに倒され、口を大きく開けてU字型のプラスチックの器具を右と左にいれて思いっきりひっぱられます。

その状態で、正面・斜め横・真横からの口腔内の写真を撮ります。唇が乾燥していたので、痛すぎて裂けそうでした><

次に、下から見た上の歯並び・上から見た下の歯並びの撮影をします。

口を大きく開け上唇や下唇を引っ張り、口の中に鏡を入れて歯科衛生士さんが機械で風をかけながら先生が写真を撮っていました。

 

実際に写真で見たほうがわかりやすいので写真でご紹介します。こんな感じで撮影しました。

歯並びの正面と下からの写真
fullsizerender-7

斜め横の歯並びの写真
fullsizerender-12

fullsizerender-10

真横(右側)の歯並びの写真
fullsizerender-8

歯並びのアーチの写真
fullsizerender-9

fullsizerender-14

 

無事終了。

img_2622

 

そしてやっとすべての資料撮りが終了。

大体1時間程度で終わりました。虫歯や歯周病があったり、親知らずの抜歯の必要があるようであれば、矯正をする前に治療をする必要があります。

私の場合は、親知らずも抜済みでメンテナンスで虫歯も治療済みだったので、スムーズに矯正治療が進めることができています。

この資料をもとに、次の診断でどのように治療を進めて行くか計画をします。来月とのことだったので、まだまだ先ですが楽しみです☆★

 

精密検査の診断結果について詳しくはこの記事にまとめています>>【写真あり】インビザライン非抜歯で前歯を削り、歯列矯正をする治療計画の流れについて。