SKINCARE&MAKEUP

ヴァントルテプレストファンデーションの色選びのコツ!明るい色と暗い色どっちも試してみた!

持ち運びに便利なヴァントルテのミネラルシルクプレストファンデーション。

ヴァントルテミネラルシルクプレストファンデーションを数か月前に購入してしばらく愛用していましたが、もうすぐ使い切りそうだったのでレフィル(詰め替え用)をまた新たに購入しました💕

前回は3色ある中の標準色を購入したのですが、今回は暗めのパウダーカラーを購入しました。

emi
emi
そこで今回は、ヴァントルテのプレストファンデーションの色選びのコツをご紹介していきたいと思います。

ヴァントルテのプレストファンデーションを使ってみたいけど、色選びに悩んでいる…」という方はぜひ参考に読んでみてくださいね!✨

ヴァントルテプレストファンデーションを購入したきっかけ

私がヴァントルテのプレストファンデーションを購入したのは『ヴァントルテミネラルシルクファンデーション』をずっと愛用していたのがきっかけです。

私はニキビができやすいタイプなので、肌に優しいファンデーションをずっと探しており、今まで色々なミネラルファンデーションを使ってきました。

エトヴォス、レイチェルワイン、オンリーミネラルなどなど…

その中でもカバー力が高くて気に入ったのが『ヴァントルテミネラルシルクファンデーション』。

ミネラルファンデーションは肌に優しいので、カバー力が低かったり、崩れやすかったりするのですが、ヴァントルテのミネラルシルクファンデーションは普通のファンデーション以上のカバー力や崩れにくさを兼ね備えているんです。

もちろん、パウダーファンデーションなのでリキッドファンデよりかは崩れやすいのですが、ミネラルファンデーションにしては本当に優秀です。

そんなヴァントルテミネラルシルクファンデーションですが、唯一の欠点が「ち運びに適してない」ということ。

以前、ヴァントルテミネラルシルクファンデーションを旅行に行く際に持って行ったのですが、車の中でファンデーションをつけようとするとパウダータイプなので粉が飛び散ってしかたがなかった・・・

それに、ヴァントルテミネラルシルクファンデーションは”丸っこい容器”なのでプレストタイプよりはかさばるんですよね…

ミネラルシルクファンデーション自体はかなり優秀なので、「持ち運びに便利なプレストタイプがあったらいいなあ~!」と思っていました。

そう思いながらヴァントルテの公式サイトを確認してみると、プレストタイプのミネラルファンデーションがあったので、実際に購入して試してみることにしたのです。

ヴァントルテミネラルシルクファンデーショの色選びのコツ!明るい色と暗い色どっちも試してみた!

パウダーカラー3種類
  1. #20HB(明るめ~色白)
  2. #30LB(標準~明るめ)
  3. #40NA(暗め~標準)

ヴァントルテのプレストファンデーションは全部で3色のパウダーカラーがあります。

レイチェルワインのファンデーションのようにパウダーカラーが全12色あるわけでもないので、そこまで迷わないかもしれません。

ですが、それぞれの化粧品メーカーごとでパウダーカラーの色味が若干が違うので、「パウダーカラーどうしよう…」と迷う方もいると思います。

emi
emi

一番明るいカラー「#20HB(明るめ~色白)」と一番暗いカラー「#40NA(暗め~標準)」を試してみました。

私が前回購入したパウダーカラーは色白の方向けのカラー「#20HB」です。

そして、今回購入したのは色黒の方向けのカラー「#40NA」です。

私は基本的に標準色よりも気持ち明るめのカラーを選ぶのですが、夏ということもあって「小麦肌の方が健康的に見えていいかなあ…」という感じで暗めのカラーのリフィルを選んでみました。

emi
emi

標準肌の私がヴァントルテの明るめカラーと暗めのカラーを試してみた感想を書いてきたいと思います。

#20HB(明るめ~色白)

まずは、一番明るいカラー「#20HB(明るめ~色白)」です。

ヴァントルテミネラルシルクプレストファンデーションの明るいカラーはこんな感じ!

私のような色白でもなく色黒でもない普通の肌色でも問題なく使えるレベルだし、厚塗り感もなくマットにカバーしてくれます。

私は結構重ね塗りをするのですが、白塗り状態になることもなく美白になるって感じです。

#40NA(暗め~標準)

続いて、「#40NA(暗め~標準)」カラーです。

一番暗めのカラーはいい意味で「健康的に見える!」って感じです。

肌がどんよりした感じに見えるんじゃなくてほどよい暗さなので、私のような標準色の肌色でも全然問題なく使えそうな感じです。

標準色のカラーだと少し白かったところが暗めなので、小顔効果もあるような感じもします。

ここで気がついたのですが、ミネラルシルクプレストファンデーションじゃなくて、新発売されたミネラルグロウファンデーションのリフィルを間違って買っていました。笑

ミネラルシルクプレストファンデーションってSPF50だったけ?」とか思ってよく見てみると今年から新発売されている違うタイプのファンデーションでした。笑

なんかミネラルシルクプレストファンデーションよりもテカテカしている感じがあったので、「暗めの色ってこんな感じなのかなあ…」と思っていたんですが、ファンデーションの種類を間違えていました。笑

ミネラルプレストファンデーションがマットに仕上がるのに対して、ミネラルグロウファンデーションはツヤ感がある肌質に仕上がるので、こんな感じになります。

パウダーファンデーションなのにリキッドみたいなツヤ感がでるので、素肌感が強くて塗っている感がない!

ただ、カバー力に関してはマットに仕上がるプレストファンデーションが高いです。

素肌をしっかりとカバーしたいのであればマット系がおすすめだけど、すっぴん風メイクをしたいのであれば、ツヤ肌をだせるミネラルグロウファンデーションも◎

結局、明るめの色と暗めの色どっちがおすすめ?

ミネラルシルクプレストファンデーションとミネラルシルクグロウファンデーション間違えて買っちゃったんですが、パウダーカラーの種類はどちらも同じようです。

マットタイプとツヤタイプで仕上がりが違ったのですが、標準色の私が試してみて思うのは明るめカラーの方がおすすめです。

パウダーを若干暗めの色にするだけで小顔効果があったり、健康的に見えたりするので夏はワントーンカラーを落としてみるのもありですが、ちょっと黒いかなあ…という感じ。

ミネラルグロウファンデーションはリキッドじゃないのにリキッドみたいなツヤ感がでるし、紫外線カット数値がSPF50PA++++で、「肌への負担が心配だけどツヤ感を演出したい…」という方には最適です。

emi
emi

私のように標準色の方は一番明るいカラーか標準色を選ぶことをおすすめします。

ヴァントルテミネラルファンデーションシリーズはこんな人におすすめ!

ヴァントルテでは色々な種類のミネラルファンデーションが発売されていますが、ヴァントルテミネラルファンデーションは全てコンプリートしています。

ファンデーションを選ぶ際に重要視しているポイントでおすすめのタイプが変わるので、最後にまとめています。

emi
emi

ヴァントルテンのファンデーションは、ミネラルファンデの中でもカバー力高めなので、気になるものがあったらぜひチェックしてみてくださいね✨

何より肌に優しい ヴァントルテミネラルシルクファンデーション
時短メイクが可能! ヴァントルテミネラルUVファンデーション
ツヤ肌を演出したい ヴァントルテミネラルリキッドファンデーション
持ち運びに便利! ヴァントルテミネラルプレストファンデーション
あわせて読みたい
ヴァントルテプレストファンデを実際に使ってみたリアルな口コミ!成分や色選びのコツも買う前にチェック!カバー力が高くて肌への優しさも兼ね備えて、敏感肌にも使えるヴァントルテのミネラルファンデーションシリーズ。 その中でも代表的なのが...