SKINCARE&MAKEUP

20代なのに40代に見られる原因はシミ!?美白化粧品とUV対策を今すぐにも始めるべき理由!

まだ20代なのに40代に見られてショックなんだけど…」と落ち込んでいませんか?

10代の頃は大人っぽく見られるとちょっと嬉しいけど、20代を過ぎると少しでも若く見られる方が嬉しいもの。

実年齢よりも老けて見られると「え、私って老け顔なの!?」と悩みますよね…

年齢を重ねるたびに増えていくものといえばシミ。シミが増えると確実に老けて見えます。

emi
emi
そこで今回は、老けて見られる原因のひとつであるシミ対策についてご紹介します。

美肌を取り戻して「20代なのに40代に見える…」とかいってきた相手を見返しましょう!✨

シミの種類とできてしまう原因について

顔に茶色っぽいシミのようなものができたら「シミができた…」と考える人がほとんどでしょう。

一般的にシミと呼ばれるものには医学的に細かく分類分けされています。

シミの種類
  1. 老人性色素斑
  2. 脂漏性角化症
  3. 肝斑
  4. 炎症性色素沈着
  5. 雀卵斑(そばかす)
  6. 花弁状色素斑

それぞれシミの種類によって見た目やできてしまう原因が異なります。

また、スキンケア化粧品やレーザー治療で消えるのかどうかも違ってくるので、ず、顔にできているシミがどの種類なのか理解する必要があります。

シミのほとんどは紫外線によるもの

私たちが悩むシミのほとんどが『老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)』という紫外線が影響となってできてしまうシミです。

老人性色素斑は頬骨あたりの高い部分にできる特徴があります。

できはじめは薄いですが、徐々に濃くなっていき表面がボコボコしているイボのような『脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)』になっていくこともあります。

シミっていきなりできてしまうイメージですが、紫外線が蓄積されていった結果、ある日突然シミとなってでてきます。

つまり、10代の頃にアウトドアスポーツをして毎日日焼けをしていた人ほどシミができはじめる年齢は早まってしまうのです。

20代でシミができ始めたのであれば、10代の頃から日々少しずつ貯まってきた”紫外線貯金箱”が溢れてしまっている証拠です。

女性ホルモンが乱れるとできるシミもある

シミができるほとんどの原因は紫外線によるものですが、30代や40代を中心にみられるのが女性ホルモンが乱れるとできやすくなる『肝斑(かんぱん)』です。

肝斑の特徴は女性ホルモンバランスが乱れると左右対称にできるシミで、ハケでペタッと塗ったようにできる特徴があります。

ホルモンバランスが乱れやすい更年期の方に見れることが多いですが、20代でも妊娠中の方ピルを服用している人はできやすい傾向にあります。

ニキビや傷が綺麗に治らないとシミになる

紫外線や女性ホルモンの乱れ以外にもシミとなる原因はあります。

よく「ニキビ跡の色素沈着が治らない…」「傷跡がなかなか治らなくて…」という悩みを耳にしますが、これは、ニキビや傷が綺麗に治らず茶色くシミのようにできてしまうもの。

ニキビ跡や傷跡もシミの一種で『炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)』と呼ばれます。

ニキビ跡や傷跡以外にも肌の炎症を起こすと『炎症性色素沈着』はできやすくなります。

メイクを落とす時やスキンケアをする時に肌をゴシゴシと擦ってしまうと慢性的な炎症を起こしてしまうので、メラニンの生成を増やして顔全体がくすんで見えることもあるようです。

そばかすはほとんどが遺伝的なもの

一般的に小さなシミを『そばかす』と呼びますが、厳密にいうと遺伝的なものだけをそばかすと呼びます。

遺伝的なそばかすは10代の頃からでき始める特徴があり、鼻の中心部分にちりばるようにできます。

遺伝的なそばかすは白人の方ができやすいですが、日本人でも色白の方ができやすい傾向にあります。

シミは美白化粧品で消せるは間違い!ほとんどのシミは消えない!

シミができたら美白化粧品を使って消そうとする人が多いようです。

しかし、シミの大半を占める『老人性色素斑』は初期のものしか美白化粧品は効きません。

いくら高級な美白化粧品を使っても一向にシミが消えないのは、ほとんどのシミは紫外線が影響となっている『老人性色素班』で、皮膚自体の構造が変形しているものだから。

emi
emi
シミの原因はほぼ”紫外線”です。輪郭がはっきりしている老人性色素斑は美白化粧品で消すことはできません。

ただし、『老人性色素班』でもでき始めのうっすらとしたシミには美白化粧品が有効!✨他にも女性ホルモンの乱れでできる『肝斑』、ニキビ跡や傷跡が色素沈着してできる『炎症性色素沈着』、小さいシミ全般の『そばかす』です。

20代のうちから美白化粧品とUV対策を行うべき理由!

まだ20代だから美白化粧品を使い始めるのは早いかなあ…」と思っていませんか?

『美白化粧品』ってシミが気になりだす30代や40代から初めればいいし、徹底的な『紫外線対策』は暑くなる季節だけで良いよね!✨

このように考えている方は多いのではないでしょうか?

 

しかし、これは間違いです。

 

美白化粧品を使うタイミングはシミが大量発生する前の20代。

紫外線対策は肌の老化の一番の原因になるので1年間を通してする必要があります。

emi
emi
20代のうちから美白化粧品とUV対策を行うべき理由を詳しく説明していきます。

そもそも美白化粧品はシミを予防するために使うもの

美白化粧品で消すことができるシミは確かにありますが、美白化粧品はシミの原因となるメラニンを作りだすメラノサイトという細胞の働きを阻害するためのものです。

つまり、メラニンが過剰に分泌されている状態で美白成分の効果を発揮するわけなので、すでに皮膚の構造自体に定着しているシミを消すことは難しいのです。

美白化粧品はシミを消すために使うというよりも、シミを予防するために使うという方法が正しい使い方なので、シミがまだ多くない20代のうちから美白化粧品でケアをしていきましょう!ということ。

シミができる前に美白化粧品を使うことでメラニンの過剰な発生を防ぐことができ、できるだけシミを作りにくくなるのです。

30代・40代になるとシミはますます増えていきます。20代のうちから美白化粧品を使うべき理由は「美白化粧品はシミ予防として使うのが一番」だからです。

肌が老化する原因の約7割は紫外線によるもの

紫外線はシミだけじゃなくさまざまな肌トラブルの原因になり、肌が老化する約7割は紫外線によるものだと言われています。

シミのほとんどを占める『老人性色素斑』も紫外線の影響によるものなので、日中の紫外線対策は万全に行う必要があります。

暑くなる季節しかUV対策をしない人もいるようですが、紫外線は暑さやまぶしさがあるものではありません。

emi
emi
寒い季節でも曇っていても紫外線は降り注いでいるので、1年中徹底的な紫外線対策をする必要があります。

日焼け対策と言えば、「日焼け止め化粧品を塗る」ということが一番最初に思い浮かびますよね。しかし、日焼け止め化粧品を塗るだけでは不十分。

日焼け止め化粧品に記載されているSPF数値は皮膚1㎠あたり2mgの量を守ったときに測定される効果なので、規定量よりも少ない量しか塗れてないことが多いから。

日焼け止め化粧品の規定量を守って日焼け止め化粧品を塗ると肌がベタベタします・・・

いくらUVカット数値が高くても規定量を守らない限り、きちんとした紫外線対策はできていないのです。

「日焼け止めクリームだけでは徹底的にシミを防ぐことはできない…」そしたらどうすればいいのか?

女性なら毎日使っている方も多いアレを重ねることで、さらにUVカット効果を高めることができます。

それは、パウダーファンデーション

パウダーの色粉が日焼け止め化粧品に含まれる「紫外線錯乱剤」に似ているため、紫外線を肌の表面上で跳ね返すことができます。

日焼け止め化粧品は敏感肌やニキビ肌には刺激となることがあります。

それに比べてパウダーファンデーションは低刺激なので、パウダーファンデーションだけでも塗るようにしましょう!✨

最近では日焼け止め不要のUVファンデーションも販売されています。

その中でも『ヴァントルテミネラルUVファンデーション』はカバー力も高くておすすめ👌✨

※ちなみに私はリピート中です。笑

さいごに

もし、あなたが20代なのに40代に見られてしまっても、実年齢はまだ20代です。

30代、40代によりも肌の新陳代謝が良いので、美肌を取り戻すチャンスはいくらでもあります。

20代後半に差し掛かっているのであれば、毎日のスキンケアに美白化粧品を取り入れること。そして、毎日の紫外線対策は日焼け止め化粧品パウダーファンデーションで徹底的にUVをカットしましょう。

これを1年中続けることで、きっと10年後、20年後の肌が見違えるほど変わるはず!✨

美白化粧品はシミを薄くするというより予防するものです。美白化粧品をスキンケアの中で取り入れていないのであれば今すぐ取り入れましょう。

emi
emi
美白化粧品って何を選べばいいかわからない…という方はこちらの記事を読んでみてくださいね!✨ 

→もうシミを増やさない!美白化粧品お試しセットおすすめ3選!