EYECARE

ナイトアイボーテは重い一重でも効果ある?失敗しない3つのコツとは?

ナイトアイボーテを試してみたいんだけど、重い一重でも二重になるのかなあ…」と疑問に思っていませんか?

ナイトアイボーテは寝ている間に本物の二重をゲットできちゃうと話題の「ふたえまぶた用美容液」。

普通のアイプチとは違い”粘着成分”に加えて、美容液成分がたっぷりと含まれています。

今までアイプチをずっとしていても二重にならなかったのに、ナイトアイボーテを使い始めて本物の二重になった!という口コミも多いようです。

しかし、重たい一重まぶたの方は、

アイプチをしてもまぶたが重たいせいで二重の線がつかなかったし、ナイトアイボーテも同じなんじゃないの?」と思っている人も多いはず!

emi
emi
そこで今回は、ナイトアイボーテなら重い一重でも二重になれるのか?について解説していきます。

ナイトアイボーテは重たい一重でも効果あるの?リアルな口コミを大公開!

ナイトアイボーテを使うことで重たい一重が二重になることってあるのでしょうか?

重たい一重まぶたの方が書き込んできたナイトアイボーテの口コミをご紹介します。

※奥二重や二重の方で幅を広げたいだけの方の口コミは一切載せてません!

まずは、効果がなかったという悪い口コミから載せていきます。

全く効果なし!
私の目が重たい一重だったせいか効果がよくわかりませんでした。残念です。

(20代/乾燥肌 評価なし)

個人差はあると思うけど・・・
口コミを見ているとやはり個人差があるようですが、私の場合は効果なしでした。アイトークなど二重アイテムを試してきたのですが、粘着力がないのですぐ取れます。

(20代/脂性肌 評価なし)

刺激が強い!
購入までに一年悩みました。笑色々なユーチューバ―さんが紹介しているし、二重になるかも?と思っていたけど、のりが強すぎて私には合いませんでした。

(10代/混合肌 ★2)

続いては、効果があったという良い口コミを載せていきます。

重たいまぶたでも継続は力なり!
目が細くて一重なのがずっとコンプレックスでした。学生の頃、意地悪な男子からいじられたりしていたのですが、ある日すごく嫌な言い方で目のことをけなされした。それがきっかけでアイプチを始めました。アイトークを使ってたんですが、重たいまぶたのせいで二重にはならず、周りからもアイプチのことを言われたり・・・本物の二重になりたくてナイトアイボーテを使ってみることに。半年はかかりましたが、ローラーとの兼用で片目は二重、片目は奥二重になりました。本当に嬉しいです。

(10代/脂性肌 ★5)

整形せずに済みました!
もう本当に使って良かった!ナイトアイボーテを4カ月続けた結果、腫れぼったい一重が平行二重になりました。おそらく蒙古襞が一重だったので二重になりやすかったのかもしれないですが、二重整形を考えているほど悩んでいたのでその前にナイトアイボーテに出会って良かった!粘着力はアイプチの10倍はあって落としにくいけど二重になったので許容範囲です。

(10代/混合肌 ★7)

まぶたのタイプによって効果はかわる
2年間ずっと使用しています。私はやや重めの一重なので、寝ている間に塗っていたのりを翌朝外すと二重になります。ただ、むくんでいると二重にならないので日中使用してます。同封しているプッシャーはイマイチですが、持ちが良くてはがれにくく、塗りやすい。匂いもなくて◎

(20代/混合肌 ★3)

これは効果抜群!
今まで色々なアイプチを試してきました。粘着力がないのですぐ取れるし二重になる気配もなく…という感じでした。ナイトアイボーテを使用し始めて1ヶ月も経たないうちに二重の線が付きました。ノリをつけないでも半日は二重をキープできてます。半信半疑だったけど買って良かった!

(10代/乾燥肌 ★7)

 

以上がナイトアイボーテの口コミです。

重い一重まぶたの人はやはり二重になりにくい傾向があるようですが、継続して使用することで二重になった!という方も多いようなので、試してみる価値はあります。

emi
emi
私の経験上、重い一重は粘着力が強いものじゃないと二重のラインが付きにくいです。

同じ一重なのにナイトアイボーテで二重にならない人がいるのはなぜ?

ナイトアイボーテの口コミを読んでみると、寝ている間にナイトアイボーテを使うことで綺麗な二重になったひともいれば、まったく二重にならないひともいるようです。

どうしてこのように意見が真っ二つに分かれてしまうのかというと、一重まぶたにはいろいろなタイプが存在するからです。

もちろん、ひとそれぞれ使用方法や使う頻度も違うし、寝ている体制やむくみやすさなども関係してきます。

なので、まぶたの状態だけの問題ではないのですが、やはりまぶたの状態が大きく関係しています。

ひとことに「一重まぶた」といっても、色んなタイプの一重まぶたのひとがいます。

  1. まぶたが薄くて二重になりやすいひと
  2. まぶたが重くて二重になりにくいひと
  3. まぶたが柔らかくて二重が定着しやすいひと
  4. まぶたが固くて二重が定着しにくいひと
  5. 目の横幅が広くて幅広い二重になりやすいひと
  6. 目の横幅が狭くて幅広い二重になりにくいひと
  7. 蒙古襞がなくて平行二重が作りやすいひと
  8. 蒙古襞があって平行二重を作りにくいひと

このようにただ一重だからと言ってみんな同じまぶたをしているわけではないのです。

そのため、寝ている間に二重のクセ付けで簡単に二重になる人もいれば、一向に二重にならないひとがいるわけです。

あなたはどれに当てはまりますか?

私の場合は、片目が二重で片目が一重なのですが、一重の方で考えてみるとこんな感じです。

×まぶたが薄くて二重になりやすいひと
〇まぶたが重くて二重になりにくいひと
×まぶたが柔らかくて二重が定着しやすいひと

○まぶたが固くて二重が定着しにくいひと
×目の横幅が広くて幅広い二重がなりやすいひと

〇目の横幅が狭くて幅広い二重がなりにくいひと
×蒙古襞がなくて平行二重が作りやすいひと
〇蒙古襞があって平行二重を作りにくいひと

もし、私と同じ項目が当てはまったら、パッチリとした二重になりにくい一重まぶたかもしれません。

ただし、奥二重はラインを作るだけなので、ナイトアイボーテを使えば重たい一重の方でもなりやすいです。

二重を作るためにはある程度の二重幅が必要なので、ナイトアイボーテで二重のクセ付けするときはちょっとしたコツが必要になります。

重たい一重でも大丈夫!ナイトアイボーテを失敗しない3つのコツ!

私も片目だけ重たい一重まぶただったのですが、ナイトアイボーテで二重になることができました。

ですが、使い方を間違えるとおそらく二重の線をつけるのはちょっと難しいです。

emi
emi
ナイトアイボーテを失敗しないコツをご紹介しますね!

二重の幅を欲張りすぎない

これ、一番大事です。

私の経験上ですが、目の横幅に対して二重の幅を欲張ってしまうと二重のラインがつきにくいです。

アイプチをしている時もそうだったのですが、目の横幅が狭いのに二重の幅を広めにしようと思うとかなり不自然な二重になる上、アイプチがとれやすくていくら頑張っても二重のラインはつきませんでした。

ですので、ナイトアイボーテについているY字プッシャー棒でどの二重ラインが自然な感じになるのか確認し、「ここくらいなら二重の線がつきそう!」と思うラインが決まったらずっとその位置で二重のクセ付けをしましょう!✨

「キレイな二重ラインをつくるテクニック」もナイトアイボーテの箱に同封されているので、参考になると思います💕

emi
emi

自分に合う自然な二重ラインで継続して二重のクセ付けをすることが、ナイトアイボーテで失敗ない1つ目のコツです。

ナイトアイボーテを正しい使い方で使うこと

ナイトアイボーテはただ単にまぶたに塗って二重をつくればいい!ってものではありません。

商品が届くと正しい使い方が書いている紙が同封されているので、かならず目を通してから使いましょう。

emi
emi
ナイトアイボーテの正しい使い方はこんな感じです。

ナイトアイボーテは基本的にはスキンケア前に使うのですが、肌の乾燥が気になるあればスキンケア後でもOKです。

ただし、まぶたについた油分はコットンで拭き取ってくださいね✨

油分が付いている状態だとナイトアイボーテがとれやすくなります。

emi
emi
ナイトアイボーテは正しい使い方で使う!ということがナイトアイボーテで失敗しない2つ目のコツです。  

ナイトアイボーテを翌朝までキープさせること

「寝ている間にナイトアイボーテをしても翌朝取れている・・・」という口コミをいくつか見かけました。

せっかく二重のクセをつけているのにとれてしまっては二重になるはずありませんよね・・・

寝ている間は”無意識状態”が続いているので、目をこすってしまったり顔をまくらにこすりつけてしまっていることがありえます。

特に、うつぶせでている人は要注意!うつぶせで寝ると体の水分が目元に集中してしまい、目がむくみやすくなってしまいます。

また、寝返りなどで首を左右に動かすとナイトアイボーテがとれやすくなります。

ただ、寝ている間に無意識にやってしまっていることは治しにくいため、ナイトアイボーテをしても翌朝まで二重がキープされない人は結局継続せずに諦めてやめてしまうんですよね・・・

本気で二重になりたいのであれば、こんなところで諦めている場合ではないですよ!!!!!!!!!!!

私は自分の寝方を改善をすることで、翌朝までナイトアイボーテで二重を保つことができるようになりました。

私が使っていたアイテムは『アイマスク』と『横向き用枕』です。

アイマスクをすることで寝ている間に目元を擦らないようにし、枕を変えてみることでナイトアイボーテの持続力も変わってきます。

emi
emi
寝方を改善してみる!ということがナイトアイボーテで失敗しない3つ目のコツです。

ナイトアイボーテと普通のアイプチとの決定的な3つの違い!

一般的に市販されているアイプチを使い続けても一向に二重にならなかったのはどうしてかわかりますか?

そして、ナイトアイボーテを使った方が本物の二重になりやすい理由をご存知でしょうか?

決定的な3つの違いはこちら。

  1. 粘着力
  2. 配合成分
  3. 使うタイミング

ナイトアイボーテは一般的なアイプチとは違って粘着力がめちゃくちゃあります。

そのため、寝ている間でも取れにくく長時間二重をクセ付けることができるので、自然な感じで二重になりやすいのです。

続いて、配合されている成分の違いですが、普通のアイプチにはほとんど”粘着成分”しか入ってません。

なので、アイプチを長年続けることで、まぶたが被れてしまったりまぶたが伸びてしまったりするのです。

極端な話、接着のりで皮膚と皮膚をくっつけて二重を作っているわけなので、デリケートなまぶたへの負担はかなり大きいです。

ナイトアイボーテは粘着成分に加え、まぶたを腫れにくくする成分かぶれにくくする成分が配合されています。

植物由来の美容液成分がたっぷり含まれているため、商品名は「ふたえまぶた用美容液」なのです。

ちなみに普通のアイプチは「ふたえまぶた用化粧品」と記載されています。

まぶたは一度伸びてしまうと元に戻るのは難しいと言われています。さらに悪化してまぶたがかぶれてしまうと、アイプチの使用をやめなければいけなくなります。

そうなる前に肌への負担が少ない「ふたえまぶた用美容液」に今すぐ切り替えるべきなのです。

最後に、使うタイミングです。

私はナイトアイボーテを使う前「寝ている間って二重のラインつかなくない?」とずっと思っていました。

眠っている間はずっと目をつぶっているわけだからアイプチして寝ても取れると思っていたのです・

ですが、違うんです。

寝ている間に二重のクセ付けをするから本物の二重がゲットできちゃうんです。

寝ている間は瞬きを一切しないですよね?

だから寝ている間にクセを付けた方が同じ位置で二重の線を定着させやすいのです。

起きている間は瞬きを何回もするので、その度に二重のりは取れやすくなっています。

寝ている間は瞬きをせずずっと同じ位置でラインがつくので本物の二重をゲットできちゃうわけです💕

emi
emi

鈴木奈々ちゃんも寝ている間にアイプチして本物の二重をゲットしています。

引用元:https://lineblog.me/suzukinana/

 

引用元:https://lineblog.me/suzukinana/

 

女性は、1分間に平均して15回程度瞬きをするといわれています。

1時間の間に900回くらい瞬きをしている計算になります。

朝のメイクでばっちりアイプチをしたのに夕方になるととれてしまうことってないですか?

私も二重幅を欲張ってしまうと夕方くらいにはアイプチがとれちゃってます。

アイプチで二重の線をつけるには長時間ラインをキープしないといけないので、とれてしまってはダメなのです。

普通のアイプチをして寝てもすぐ取れるし翌朝目が腫れるだけ!

ナイトアイボーテなら粘着力高くて美容液成分もたっぷり入っているため、まぶたに負担をかけず、二重の線を長時間保てるのです。

emi
emi
より効果的にナイトアイボーテを使いたい方は、寝ている間だけでなく起きている間も二重の線を作っておくとよいですよ!

アイプチ卒業!ナイトアイボーテで本物の二重をゲットしよ!

アイプチをし続けると、まぶたが伸びてしまったり被れてしまうリスクが伴います。

本物の二重をゲットするには「寝ている間の二重ケア」が一番効率的です。

ナイトアイボーテは大人気商品の為、先着100名様限定の特別価格2980円で買えるのは公式サイトのみ!

定期縛りなしの定期コースなので、2回目以降からすぐにでも解約OKです。

《先着100名様限定》ナイトアイボーテの在庫を今すぐチェック

ナイトアイボーテで二重になったらこんなメリットがあるよ

ナイトアイボーテ公式HPはこちら

あわせて読みたい
ナイトアイボーテを使ってみた私の口コミ!効果的な使い方で二重になる方法を伝授!寝ている間に二重の線をクセ付けして本物の二重をゲットできちゃうと話題の『ナイトアイボーテ』。 ナイトアイボーテは、その場し...